界面活性剤とは?

界面活性剤とは、本来混ざることのできない水と油双方と混ざることができる性質を持っています。その性質を利用して、シャンプーでは、洗浄成分として使用されます。ですから、シャンプーには必ず界面活性剤が入っています。それはアミノ酸系シャンプーでも石けんシャンプーでも同じこと。

■合成界面活性剤って?

界面活性剤には、天然と合成があって、化粧品や石けんに使われているのは大体が合成です。合成界面活性剤は、まさに人の手によって合成されて作られた界面活性剤のことです。

■天然の界面活性剤って?

卵黄のレシチンや大豆のサポニンなんかが天然なんです。問題は、どんな合成界面活性剤かってこと。

■どんな種類があるの?

シャンプーでよく使われる合成界面活性剤にはよく言われる名称で、アミノ酸系、ベタイン系、高級アルコール系、石けん系などがあります。 シャンプーは、洗浄することが第一の目的ですから界面活性剤はなくてはならないものです。特に含まれる量が多くなりますから、使う人にとっての影響は大きくなりますし、そのシャンプーの原価つまり価格にも大きく関わります。

簡単に言うと、石油系や高級アルコール系(硫酸系)の使用感スッキリで安価な界面活性剤を使えば、価格も安くできるし、使用感も実感しやすいんです。 ただ……、そう、「育毛」を気にする場合には絶対NG!!育毛と関係なくても、あまりに強いものはおすすめできません。

髪を育てる7つのマル秘読本プレゼント ノンシリコンとは? 界面活性剤とは? 正しいシャンプーの仕方 メディア情報 店舗情報 ご注文は通販ショップやっちゃばナチュラル