ノンシリコンシャンプーとは?

最近、ノンシリコンがすごく注目されています。ある大手のメーカーさんの開発者の実際の言葉「シリコン抜く意味がわかんないけど、とりあえず流行りだからノンシリコンにしてみた」そんな言葉がささやかれるくらいです。

■では、シリコンの役割って?

シリコンは簡単に言ってしまうと、「コーティング剤」キューティクルに付着して、髪をコーティングします。(もちろん頭皮も)シリコンを使うと、髪に艶が出て指通りがよくなりすべらかになります。即効で。

だから、気持ちいい仕上がり感をすぐに体感してほしいと考えるメーカーはシリコンをよく使います。市販のシャンプーには、ほとんど入っていると言っていいでしょう。

■シリコンって髪や頭皮に悪いの?

シリコン自体は「無害」です。豊胸手術なんかで体の中に入れるくらいなんですから。

でも… 「育毛」を考えるなら、ないほうがベターです。だって、髪をコーティングしてそれを維持できるんです。ということは、頭皮だってコーティングして維持される…ということ。 しかも、硫酸系やあまり体にとってよいとは言えない成分を使ってるシャンプーだったら、それらを頭皮の中に入れて、上からふたをしちゃうってことになります。

「育毛」を優先するなら、避けたいです。

シリコン

それにシリコンは生分解性がありません。土の上に置いといたら分解されてなくなってしまうというものではないのです。

■シリコンって成分に書いてないけど?

シリコンは、以下の成分表示になっています。ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル…などが含まれる表示です。

■シリコンは補修してくれないの?

体に直接害を与えるものではないのと、同時に体に良い効果を及ぼすこともないのです。

■ノンシリコンがベストなの?

とはいえ、ノンシリコンなら全部いい!ということではありません。シリコンよりも頭皮に影響を及ぼす成分が他にもたくさんあります。界面活性剤や他の成分も考慮する必要があります。

髪を育てる7つのマル秘読本プレゼント ノンシリコンとは? 界面活性剤とは? 正しいシャンプーの仕方 メディア情報 店舗情報 ご注文は通販ショップやっちゃばナチュラル